2009年06月15日

集合

papaさんからメールがあっただよ。
「みなさ〜ん、今回の集合場所は長野県奈川村ですよ〜」
奈川村、上高地の下だなぃ。
以前、近くまで釣りに行ったことぉあるでねぇ、綺麗な場所だわぃ。
「今回のテン場は車で横付けできま〜す。しこたま好きなだけ酒を持っていけますよ〜」
テン場まで案内してくれるはずの地元の人が都合で来れなくなっただよ。
それでなぁ、急遽テン場をキャンプ場にしたってわけさ。
今回は山歩きはなしだで、こりゃ随分と楽チンなテン場だわなぃ。
「集合時間は、たま子の朝のウンコの都合で10時としま〜す」
ありゃりゃ、たま子の朝のお勤めにまで気ぃ使ってくれて・・・papaさん、すいません、ありがとぉ。
あと心配なのは雨だなぃ。週間予報じゃ曇り時々雨になってるで。
まぁ、雨が降ったって焚き火ぃ止める連中じゃねぇけどなぁ・・・ははは。

「さてとぉ、忘れもんはねぇかやぁ?」
当日の朝は雨ぇ降ってなかったで。
雨は昨日降っちまったからなぃ、今日の予報は雲りのち晴れだわぃ。
「酒とシュラフがあれば用足りるでしょ?」
pesoが悪戯な顔で笑ってるで。
「ははは、そりゃそうだ。今回は宴会がメインだでなぁ」
「今回も・・・でしょ?」
「あははは、まいったなぃ」
山歩きがあったって酒ぁしこたま担ぎ歩く連中だで、今回は山歩きがねぇで、どうなることかやぁ。
「そいじゃぁ出発すっかぁ」

松本市街地、波田町を抜け、安曇村にかかると、梓川沿いの山道になるだ。
カーブが多くて危ねぇ道だが、迫ってくる山の緑が否応なく焚き火宴会の雰囲気を煽り立ててくれるだよ。
カーブを越す度に山は深くなり、山が深くなる度に、あの焚き火の記憶が頭の奥底から浮かび上がってくるだ。
トンネルを過ぎると、突然、梓川は梓湖へと変わり、深い青色が山並みを映し始めるだ。
梓湖は徐々に細くなり、やがて奈川へと続くだ。
その奈川沿いに待ち合わせ場所の駐車場があるだよ。

「peso、このカーブの先の右側だで」
「はいよ〜」
20台ほど停まれる駐車場には車が2台。その向こうでクーラーボックスと椅子に二人座ってるで。
papaさんだ」
へぼちゃんだ」
pesoとオラアは同時に二人を見つけたで。

「やぁやぁ、元気だったかい?」
へぼちゃんとオラア思わず抱き合っちまったわぃ。
何てったって3年ぶりかやぁ。

「papaさん、幹事お疲れ様です」
papaさん満面の笑みで目を細めてるわぃ。

暫くしてimaちゃんサカシタさんと小谷君と共に到着。
「imaちゃん、変わんねぇなぁ」
「サカシタさん、大丈夫?元気そうじゃない」
サカシタさん、オラアと同じで脳梗塞で倒れたってけど、軽くてよかったなぃ。
「小谷君、はじめまして」

しんがりは日光のオヤジ
「オヤジィ、ご無沙汰〜」
オヤジとも抱き合っちまったで。

それぞれがそれぞれの再会を喜び合ってただ。
そんな8人と1匹を、奈川の深い山並みが静かに見下ろしていただ。

・・・つづく・・・
【関連する記事】
posted by たけぱん at 11:48| Comment(3) | 奈川村に集合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たけさん楽しかったね!
皆がHPアップしてくれて嬉しいなあ。
返事しなくても必ず見てるからね。
続き書いてね待ってるよ(^^)
Posted by ima at 2009年06月18日 22:40
このところ忙しくて書けなかったけど、必ず書くで、まってれやぁ(^^/
Posted by たけぱん at 2009年06月24日 13:42


初めまして れいと申します

楽しいことに興味を持ちきました

足跡記念ののせておきますね

また遊びにきますので
よろしくお願いしますね
Posted by れい at 2011年09月08日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。